ハートの形をした錠剤

ピルは避妊効果があるだけではなく生理周期の調整を行うことができるため、生理の周期が定まらない人や、イベントや旅行などに生理のタイミングが重なってしまうことを避けたい人にも利用されています。

ピルの中には女性ホルモンが配合されています。
女性は約28日周期でエストロゲンとプロゲストロンという2種類の女性ホルモンの分泌量が変化しながら、妊娠に備えたり、妊娠しなかった場合には生理を起こし、さらに次の妊娠に備えるというサイクルを繰り返しています。
ピルはこの女性ホルモンの分泌量の変化を、人工的に調整する薬になります。
ピルに含まれている女性ホルモンは脳下垂体に作用して排卵を起こらなくしたり、生理の経血となる子宮内膜が厚くなるのを防ぎます。
そして21日間ピルを服用した後に7日間の休薬期間に入ります。
この間は偽薬を服用したり、何も飲まずに過ごすのですが、この期間に身体は「今回は妊娠しなかったから、子宮内膜を剥がしてしまおう」と判断して、生理が起こります。
これを繰り返すことにより、避妊効果と生理周期の安定化ができるのです。

イベントや旅行などで生理のタイミングをずらしたい場合も原理は同じです。
ただ、ピルを服用するタイミングと日にちが変わってきます。
生理が始まった日から服用を始め、1~2週間で服用をやめると数日後に生理がきます。
この方法ならば、28日周期よりも早めに生理が終わります。
生理を遅らせたい場合には、生理の予定日の5~1週間ほど前からピルを服用し始め、イベントや旅行が終わるまで服用し続けます。
服用をやめると生理が来るため、大事なイベントや旅行を十分に楽しむことができるようになるのです。
生理の日にちをずらすときにはなるべく早めに病院で相談を行うようにしましょう。

スマホで通販をしている女性

現在、ピルなどの医薬品は通販で購入することが出来ます。
ピルは使い方や身体に合うかどうかはまず病院処方を受けて実際に服用して判断しましょう。
そしてそのピルを使用し続けても良いという判断が出来れば通販で購入するという流れにするのが安全性も高くおすすめです。