ピルと生理周期改善の仕組み

生理用ナプキンとタンポン

ピルと聞くと、避妊をするための薬というイメージが強いかもしれませんが、特に低用量のピルは、避妊効果だけではなく、他にもメリットがあります。
代表的なものとしては、生理周期が改善されるといわれています。

なぜ、生理周期が改善されるのかというと、ピルの服用によってホルモンバランスが整い、消退出血が規則的に起こるようになるからだると考えられます。
この生理周期の改善によって、生理の予定を立てやすくなったりといったメリットが出てくるということがいえます。

また、生理前のあらゆる症状も改善される可能性があるといわれています。
例えば、生理前にイライラしてしまったり、生理痛で悩んでいる人も多いですが、こういった生理前のトラブルも解消してくれる可能性があります。

生理痛緩和のお薬を服用したい人は、ピルの服用も選択肢の一つとして考えられます。
他にも、低用量のピルを服用することによって、子宮内膜が薄くなるということもいわれています。
このことにより、どういった作用を及ぼすのかというと、生理による出血を抑えることができるということにもつながっていきます。

中には、子宮筋腫といった病気を持っている人もいるかもしれませんが、そういった人が低用量のピルを服用することで、症状の改善効果を得ることができたという報告もあります。
また、貧血の改善もあると考えられていて、これは生理による出血量が減ったからであると考えられます。

このように、ピルの服用により、生理周期が改善し、様々なよい影響を与える可能性があるということが考えられます。
しかし、評判が良いピルでももしピルを避妊以外の目的で服用するのであれば、医師の指導の元服用することが大事になってきます。