生理周期改善のピルの服用方法

病院の受付の様子

生理周期改善にはピルが有効とされ、病院で処方してもらうことができます。
生理不順は卵巣で卵胞が育たずに排卵できない無排卵状態の人がなりやすいです。
卵胞の育ちが悪くなるとホルモンバランスに影響し生理不順を引き起こしやすくなります。

ピルには、女性ホルモンが含まれているため、生理周期のコントロールが可能となります。
代表的な避妊効果だけでなく、生理痛の緩和や出血量の減少、卵巣がんや子宮体がんのリスク減少などのメリットがあります。
他にも、月経前症候群の改善や肌荒れ改善などのメリットがあります。

ピルは1日1錠を毎日同じ時間に飲むことで、効果が発揮できます。
ピルを正しく飲むことで正しい28日周期の生理となります。
その結果、旅行やイベントの予定も立てやすくなります。
生理を伸ばすこともできます。
実薬を飲み続けることで先送りすることも可能です。

ただし、服用はじめの最初の3ヶ月は出血や吐き気、頭痛などのマイナートラブルがでることもあります。
ピルには、エストロゲンや黄体ホルモンといった女性ホルモンが含まれているため、出血や頭痛などの生理の時のような変化があらわれることがあります。
女性ホルモンにより身体のホルモンバランスが変化しているためあらわれる症状のため、通常であれば3ヶ月程度で治まりますが、3ヶ月たっても症状が治まらない場合には、医師に相談する必要があります。

ピルは、身体のホルモンバランスを変化させることで、様々なメリットを受けることができます。
しかし、人によっては、子宮頸がんや乳がんの発症リスク、血栓症などの重篤なリスクがあるため、自己判断で服用することはとてもリスクが高いです。
医師から十分な説明を受けてから正しく使うようにします。