2019年 のアーカイブ

  • 糖尿病や鬱の人がピルを使用する場合の注意点

    糖尿病や鬱の人がピルを使用する場合の注意点

    医療機関でピルを処方してもらう際、健康に問題がないかチェックが行われます。 現在、乳がんや子宮がんに罹っている人、血栓症を起こしたことがある人、重篤な肝障害や肝腫瘍がある人、高血圧の人、妊娠中または授乳中の人はピルを飲めません。 また、高年...

  • ピルと日付とおすすめについて

    ピルと日付とおすすめについて

    ピルが医療機関、主に産婦人科の先生や、婦人科の先生のおられる医療機関で出されることがあります。 なぜピルが処方されるのかというと、ピルには、月経困難症という、女性が辛い、とても大変な困難症を治してくれる効果があるとされているからです。 月経...

  • 手術を受ける場合のピルの使い方

    手術を受ける場合のピルの使い方

    ピル服用中に手術を受ける場合、大きな手術なら4週間前から服用を中止し、術後は2週間してから服用を開始します。 これは、ピルは血を凝固させやすいので、安静にする期間が長い場合には、血栓症のリスクが上がるためです。 血栓症は血のかたまりが血液の...

  • ピルと安定と献血について

    ピルと安定と献血について

    献血は、命を危険にさらされ、血が足りないとされている多くの病気の患者さん、または交通事故に遭われてしまい、血が緊急に必要な方々を助けるために、とても役立つ素晴らしいものです。 献血については、中学校の頃から、授業などでも習うことや機会がある...

  • ピルの副作用で血栓症と血栓溶解性のある薬剤

    ピルの副作用で血栓症と血栓溶解性のある薬剤

    経口避妊薬のことであるピルは、基本的に毎日1錠ずつを計画的に服用することによって、そのなかに含まれている黄体ホルモンと卵胞ホルモンのはたらきによって、排卵が抑制されるなどして、妊娠をしないような効果をもたらすことが期待されます。 ピルによる...

  • 貧血美味の女性

    保険適用のピルで貧血も改善

    現在、保険適用の低用量ピルは、ヤーズとルナベルの2種類です。 ヤーズは、エストロゲンを20㎍に抑えた超低用量ピルで、月経困難症に適用されますが、海外ではPMDDにも効果があるとされています。 ルナベルは、子宮内膜症にともなう月経困難症に...

  • 病院の受付の様子

    生理周期改善のピルの服用方法

    生理周期改善にはピルが有効とされ、病院で処方してもらうことができます。 生理不順は卵巣で卵胞が育たずに排卵できない無排卵状態の人がなりやすいです。 卵胞の育ちが悪くなるとホルモンバランスに影響し生理不順を引き起こしやすくなります。 ピ...

  • 生理用ナプキンとタンポン

    ピルと生理周期改善の仕組み

    ピルと聞くと、避妊をするための薬というイメージが強いかもしれませんが、特に低用量のピルは、避妊効果だけではなく、他にもメリットがあります。 代表的なものとしては、生理周期が改善されるといわれています。 なぜ、生理周期が改善されるのかとい...